復縁成功率87.3%!日本で1番売れてる復縁マニュアル

元カノと復縁したい!遠距離でも可能?

就職や転職、進学を機に遠距離恋愛になり、
それが原因となり別れてしまうケースは意外と多くあります。

筆者も学生のころ交際していた彼女と就職を機に別れ、
とても悲しい思いをした過去があります。

そんな時に思うのが、遠距離からの復縁って可能なのか?ということ。

結論から言うともちろん可能です!
実際、私のもとに問い合わせをいただく方の中でも遠距離からの復縁に成功した方はたくさんいますし、遠距離だからといって別に特別な復縁のノウハウが必要なわけではありません。

ただし、距離が離れている分、それなりの覚悟はいりますし、
きちんと復縁のステップに沿っていかないと当然失敗します。

というわけで、今回は遠距離恋愛から復縁を成功させるコツについてお伝えしていきます。

 

そもそも別れた原因は遠距離じゃない。

 

そもそもまず大前提として知っておいて欲しいのは、
遠距離で振られるケースのほとんどが

実は遠距離が理由ではない

ということを理解しておきましょう。

こんなことをいうと、頭が「?」になる方も多いと思いますが、
男性が女性から遠距離で振られるケースのほとんどが、
実は相手に好きな男性ができた場合が非常に多いです。

これ、ほんと多いんですよ。

 

実際、私が相談をいただく方のほとんどもこのケースです。
遠距離が理由だと思っていたけれど、よくよく考えてみると別れる前の彼女の行動が怪しかったり、他の男の影があったり、他の男性にあなたと別れることの相談にのってもらっていたり・・・

もしかしたらあなたも心当たりがありませんか?

 

もちろん根本的なところでいえば、
遠距離であなたとなかなかあえなくて寂しなり、その結果、他の男性を好きになってしまったということなんでしょうけど。

でも、純粋に距離が原因で別れたというのなら、
あなたが相手の住んでいるところに行くか、
こちら側に相手がきてもらうだけで復縁は成功すると思いませんか?

 

そうじゃないから復縁が難しいんです。

そして、相手を傷つけないように、相手がより納得できる理由で別れるために、
「遠距離」という言葉を引き合いにだして女性を別れを切り出します。

 

つまり、遠距離で別れた場合、まずあなたがしなければいけないことは、
別れた本当の原因がなんなのか?知るということです。

そのためにはあなたが直接いっても本心で話してくれないでしょうから、
つながりのある友達に元カノの近況を聞いてもらうようにしましょう。

そうして探りをいれてもらい仮に本当に距離が原因なのであれば、
元カノと連絡をとり会うための準備をすすめていきます。

 

遠距離が原因ではなかった場合。

 

さて、ここからは別れた理由が遠距離ではなかった場合についてお話をしていきます。

まず、相手から連絡などが来ない場合はしっかりと冷却期間をあけるようにしましょう。

相手から連絡がこないということは、おそらく相手には好きな相手がいるか、そういう相手がいなくてもあなたと距離をおきたいと思っているからです。

そのため、この状況でしつこくLINEや電話をしたり、連絡をとってしまうとあなたの印象が悪くなります。

できれば3ヶ月ほどはあけたいところです。

 

 

そして、この間にあなたは何をするのか?というと、自分磨きをしてください。

オシャレをしたり、筋トレをしたり、資格を取得したり、副業を始めたり、
元カノと次にあなたが会ったとき、「なんか変わったね~?」と好印象を与えれるものがいいですね。

そうすることで、会ったときの会話のネタにもなりますし、
あなたのことを好きになってくれるきっかけにもなるからです。

 

冷却期間を終えたら・・・

冷却期間が終えると、徐々に連絡を再開していきます。
まずは、相手の近況などを聞き出して常に連絡をとれるポジションをキープすることが大切です。

ここで注意してほしいのは、あくまで困ったときの聞き役という立ち居地で
あまりしつこく連絡をとったりすると未練がましく感じられるので逆効果です。

こうして徐々に連絡をとれる関係を保ちながら、
彼女との距離をつめていきます。

 

人によっては、ここまでくるのに時間がかなりかかる方もいるかと思いますが、
復縁する際はあくまで冷静に未練をみせずに遂行していくことがベストです。

遠距離からでも復縁は十分にすることができます。

さらに詳しい方法などは以下の復縁マニュアルのほうにまとめていますので、そちらを参考にしてみてください。

 


復縁成功率87.3%!日本で一番売れてる復縁マニュアルはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>